コラム
エクセル活用術 - グループ化と非表示でデータをクリーンに整理

データが膨大で、エクセルシートが見づらくなった経験はありませんか?データをチームで管理する際、必要な情報と不要な情報は個々に異なります。こうした多様な要素を1つの表にまとめると、情報が過剰で見通しが悪くなります。
ただ、全ての情報が必要なため、情報を削除する訳にはいきません。その結果、必要な情報を見つけるために手間がかかるという問題が生じてしまいます。
そんな時には、グループ化機能や非表示・折り畳み機能を活用することで、これらの課題を効果的に解決できます。

続きを読む
コラム
CAATとは-デジタル時代の効率的な監査手法

CAATとは、公認会計士が使用する監査ツールです。監査の経験がない人にとっては、あまり馴染みのないツールかもしれません。
監査業務において、情報技術の力を借りて効率的かつ正確な作業を実現するのがCAATの役割です。この記事では、その導入方法や利点、注意点について解説します。さらに、企業の内部統制やリスクマネジメントを支える、現代の監査の新たな展望にも迫ります。

続きを読む
コラム
企業会計原則の鍵となる7つの原則 - 透明性と健全な経営の保持

企業の財務情報は、経営者、投資家、債権者、そして社会全体にとって非常に重要です。そのため、これらの関係者が適切な情報を提供し、信頼性のある財務報告書を作成するためには、特定のルールとガイドラインが不可欠です。ここで登場するのが、「企業会計原則」です。この記事では、企業会計原則の基本的な概念や重要性について探ってみましょう。

続きを読む
コラム
意思決定会計とは - 効果的な意思決定を支援する管理会計の要素

近年、組織の成長と競争力向上のために、意思決定の重要性がますます高まっています。その中で、管理会計の一環として「意思決定会計」が会社の業績に与える影響が増大しています。急速に変化する現代のビジネス環境では、正確かつ効果的な意思決定がますます求められています。
こうした状況下で、「意思決定会計」は意思決定プロセスを支援する重要なツールとして注目を集めています。
本記事では、意思決定会計の基本的な概念から役割、手続、種類、そして差額収益分析に至るまで、幅広い観点から解説していきます。

続きを読む
コラム
IPOを目指す企業の課題 - 監査難民とその対応策

近年、企業の成長戦略としてIPO(株式公開)が注目されています。IPOは企業の魅力を広く投資家にアピールし、資金調達と業績向上を図る手段として利用されています。しかし、IPOを目指す企業が直面するのは、監査難民という課題です。監査難民とは、IPOに際して適切な監査法人を見つけることが難しく、規模や地域によっては選択肢が限られる状況を指します。
本記事では、IPOと監査難民の関連性を探りつつ、監査法人の役割や監査難民の問題点、そして解決策について詳しく考察します。

続きを読む
コラム
内部監査とは - 目的や種類、手順について詳しく解説

内部監査は企業経営において不可欠なプロセスであり、組織の健全性やリスク管理の確認に重要な役割を果たしています。その実施は、企業が持つ内部統制や業務プロセスの評価を通じて、不正やミスの防止、適切な意思決定の支援を目的としています。本記事では、内部監査の意義や目的、求められる企業の特徴、さらに種類や手順について詳しく解説します。

続きを読む
コラム
監査とは - 目的や種類について解説

企業活動において、「監査」というキーワードに触れる機会は少なくありません。監査は経営の健全性を確保するために重要な仕組みであり、一定の基準を満たす企業は監査を受けることが義務付けられています。
本記事では、監査の基本的な概念から各種監査の種類や目的、さらに監査対応の負担が大きい理由や電子化との関係性について詳しく探っていきます。

続きを読む
コラム
4統制のIT統制とは - 分かりやすく解説

内部統制は、全社統制(IT全社統制)、業務プロセス統制、IT統制(IT全般統制・IT業務処理統制)、決算統制(全社・個別)の4つに区分されます。
IT統制は、企業の情報技術に関連する業務やプロセスにおける内部統制の整備・運用を指し、ITガバナンスとは異なる概念です。
現在、企業活動のあらゆる側面でITが活用されており、内部統制の整備や運用においてもITの重要性はますます高まっています。
この記事では、IT統制に関する重要なポイントを分かりやすくまとめました。
組織の成長に向けて、ぜひ参考にしてください。

続きを読む
コラム
4統制の業務プロセス統制と決算統制とは-わかりやすく解説

内部統制は、全社統制(IT全社統制)、業務プロセス統制、IT統制(IT全般統制・IT業務処理統制)、決算統制(全社・個別)の4つに区分されます。
特に重要なのは、「業務プロセス」と「決算・財務報告」です。
これらの内部統制の実態を正しく理解することは、組織の信頼性と成長にとって欠かせません。\
業務プロセス統制は、日々の業務の中で無意識に行われる統制です。これは、組織における「隠れた内部統制」とも言えます。
一方、決算・財務報告プロセスにおける内部統制は、財務報告の信頼性に直接的な影響を与える重要な統制として位置づけられています。
組織の成長を促すためには、業務プロセス統制と決算統制のキーポイントを正しく把握することが重要です。
この記事では、これらの統制に関する重要なポイントを分かりやすくまとめました。組織の成長に向けて、ぜひ参考にしてください。

続きを読む
コラム
4統制の全社統制とは-わかりやすく解説

内部統制は、全社統制(IT全社統制)、業務プロセス統制、IT統制(IT全般統制・IT業務処理統制)、決算統制(全社・個別)の4つに区分されます。
しかしながら、見落とされがちなのは全社統制の重要性です。
もし組織体制や規程に大きな変更がなければ、前年度の評価が引き継がれることがあります。
そのため、全社統制の重要性を忘れがちになってしまいます。
しかし、全社統制は組織全体のリスク管理や信頼性確保、コンプライアンスの遵守など、安定した運営に欠かせない要素です。
定期的な見直しと評価を怠らずに、組織の安定性と持続可能性を守るための対策を講じましょう。
全社統制は組織の未来を支える重要な柱です。組織の成長と繁栄のために、全社統制に目を向ける時がきています。

続きを読む